その他

ケノンは日焼けしたら使えない?詳しい理由と日焼けを防ぐための3つの対策

  • ケノンは日焼けしたら使えないの?
  • 日焼けがダメな理由は?
  • 日焼けを防ぐにはどうしたらいい?

ケノンは自宅で気軽に脱毛ができる光脱毛の家庭用脱毛器です。

光脱毛の場合、エステなどでは「日焼けをしたらできない」と言われていますが、家庭用のケノンはどうなのでしょうか。

ケノンもエステなどと同じくある程度の期間続けていくことが必要なので、「日焼けをしたら使えないのかどうか」知っておきたいですよね。

そこで今回は、「ケノンは日焼けをしたら使えないのか」とその理由を調べてみました。

合わせて日焼けを防ぐための方法もご紹介しますので、「ケノンを安全&効果的に使いたい!」という方はぜひ参考にしてくださいね。

ケノンの公式サイト

ケノンは日焼けをしたら使えないのか

引用元:ケノンInstagram

ケノンは日焼けをしたら使うことができないのでしょうか。

ここでは詳しい理由も合わせてご紹介していきます。

ケノンは日焼けをしたら使えない

ケノンは他の光脱毛と同じく、日焼けをしたら使うことができません。

日焼けをしているお肌にケノンを使ってしまうと、思うような効果が出なかったり肌トラブルの原因になってしまったりすることがあるのでご注意ください。

エステなどでは施術前に必ずスタッフの方がお肌の状態をチェックしてくれますが、ケノンは自分でチェックする必要があります。

肌トラブルを防いで効果的に脱毛するためにも、お肌のチェックはしっかりと行いたいですね。

日焼けをしたお肌に使えない理由

ケノンが日焼けしたお肌に使えないのは、主に次の3つの理由があります。

日焼けをしたお肌に使えない理由

  1. 日焼けしていると効果が出にくいから
  2. 日焼けをしているお肌に使うとやけどをしやすいから
  3. 日焼けをしたお肌はダメージを受けているから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①日焼けしていると効果が出にくいから

ケノンは光脱毛なので、本体から照射される光が毛根の黒い色素に反応してダメージを与えます。

毛根にダメージが与えられることによって、発毛を抑制する効果が期待できるんです。

ところが、日焼けをしているお肌に照射すると、お肌の黒い色素にも光が吸収されてしまうので、毛根に与えるダメージが減ってしまいます。

そのため、ケノンの効果が薄れてしまうんです。

せっかくケノンを使っても、効果が出にくくなってしまうのは残念ですよね。

ケノンの脱毛の仕組みについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

合わせて読みたい
ケノンが脱毛できる仕組みって?効果的に脱毛するための4つの注意点もご紹介!

ケノンはなぜ脱毛できるの?脱毛できる仕組みを知りたい効果的に脱毛するにはどうすればいい? ケノンは自宅で気軽に脱毛ができる家庭用脱毛器です。 自分で簡単に脱毛できるところもケノンの人気の理由なのですが ...

続きを見る

②日焼けをしているお肌に使うとやけどをしやすいから

先ほどお伝えしたように、日焼けをしているお肌にケノンを使うと、お肌の色素にも光が吸収されてしまいます。

そのため、お肌にもダメージを与えてしまうことになるんです。

お肌の状態によっても個人差はありますが、やけどのような状態になってしまうことがあります。

③日焼けをしたお肌はダメージを受けているから

日焼けをしたお肌は軽いやけどをしているのと同じような状態になっています。

そのため、光脱毛に限らずお肌に負担のかかることは避けたいです。

もし日焼けをしてしまったら、お肌の状態が落ち着くまで待ちましょうね。

個人差はありますが、2週間くらいはケノンをお休みして、お肌の状態を見ながら使ってみてください。

ケノンの最新の情報は、こちらの公式サイトからご確認いただけます。

ケノンの公式サイト

日焼けを防ぐための3つの方法

日焼けをするとケノンは使えないということがわかりましたが、日焼けを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは日焼けを防ぐための方法を3つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

日焼けを防ぐための3つの方法

  1. 日焼け止めを塗る
  2. 日傘、帽子、アームカバーなどを使う
  3. 夏以外の時期に使う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①日焼け止めを塗る

肌が露出している場所には、しっかりと日焼け止めを塗って日焼けを防ぎましょう。

日焼け止めは汗や摩擦で取れてしまうことが多いので、こまめに塗りなおすように気をつけたいですね。

塗る場所に合わせて、ウォータープルーフのものやSPFの高い日焼け止めを選ぶとさらに効果的です。

②日傘、帽子、アームカバーなどを使う

なるべく紫外線を防ぐためには、日傘や帽子、アームカバーなどを使うのも効果的です。

の脱毛をしたい方は、つばの広い帽子や日傘でしっかりと顔の日焼けを防ぎましょう。

の脱毛をしたい方は、簡単に着脱できるアームカバーがおすすめです。

もちろん長袖長ズボンなど服装で対策することもできます。

③夏以外の時期に使う

日焼けを防ぐのが難しいという方は、夏以外の時期にケノンを使うのがおすすめです。

特に長袖を着るようになる秋から冬にかけてケノンを使うと、日焼けの心配が少ないので安心ですね。

秋くらいから脱毛を始めて、肌の露出が多くなる夏までにきれいなお肌を目指すのがベストなタイミングになります。

夏に始めるよりもおすすめです!

ケノンの最新の情報は、こちらの公式サイトからご確認いただけます。

ケノンの公式サイト

まとめ

今回はケノンと日焼けについて詳しくご紹介してきました。

ケノンは光脱毛なので、日焼けをした使うことができません。

ケノンを日焼けをしたお肌に使うと、効果が薄れるだけではなく肌トラブルの原因にもなってしまうことがあるので使用を控えましょう。

また、ケノン使用後のお肌は敏感になっているので、使用後しばらくの間も日焼けをしないように注意が必要です。

ケノンを使う時期は日焼け止めや日傘、帽子などを使って、なるべく日焼けをしないように気をつけたいですね。

どうしても日焼けをしてしまうという方は、夏以外の時期に脱毛をするのがおすすめです。

ケノンの詳しい情報は、こちらの公式サイトからご確認ください。

ケノンの公式サイト

-その他

© 2021 ケノンタウン