その他

ケノンをほくろに使うとやけどする?対策とやけどをしたときの対処方法

  • ケノンをほくろに使うとやけどするの?
  • やけどをしないためにはどうすればいい?
  • やけどをしてしまったらどうすればいいの?

ケノンは自宅で光脱毛ができる家庭用脱毛器です。

自分で好きなときに脱毛できるのが人気のケノンですが、ほくろがある部分はどうしたらいいのか疑問に感じたことはありませんか。

「ほくろに光脱毛をするとやけどする」という話も聞いたことがありますが、ケノンの場合はどうなのでしょうか。

せっかくきれいなお肌を目指してケノンを使うなら、やけどなどの肌トラブルを避けて安全に使用したいですよね。

そこで今回は、ケノンをほくろに使うとやけどをするのかについて詳しく調べてみました。

安全に使うための対策やけどをしてしまったときの対処法についても合わせてご紹介していきますので、「ほくろが気になる」という方はぜひ参考にしてくださいね。

ケノンの公式サイト

ケノンをほくろに使うとやけどをするのか

引用元:ケノンInstagram

ケノンをほくろに照射するとやけどをするのでしょうか。

ここでは理由も合わせてお伝えします。

ほくろに照射するとやけどをすることがある

ほくろの色や状態、照射レベルなどにもよりますが、ケノンをほくろに照射するとやけどをすることがあります。

ひどい場合は水疱などもできてしまうのでご注意くださいね。

ケノンの公式ユーザーサポートサイトでは次のように注意喚起しています。

ホクロやシミなど色素が濃い部位への照射は、火傷の原因になりますので使用しないで下さい。

引用元:ケノン公式ユーザーサポートサイト

ほくろの中でも肌と同じくらい色素が薄いものならやけどをするリスクは低いのですが、濃い色のほくろはやけどをする可能性が高いのでケノンの照射は避けたいですね。

やけどをしてしまう理由

ケノンをほくろに使うと、なぜやけどをしてしまうのでしょうか。

その理由は、ケノンが光脱毛だからです。

光脱毛の光は毛の黒い色素に吸収されて、ダメージを与える仕組みになっています。

ほくろも色素が濃いので光が吸収されて熱が発生し、やけどをしてしまうことがあるんです。

そのため、色が濃いほくろの方がやけどのリスクが高くなります。

「黒いほくろがある」という方は特に気をつけたいですね。

また、濃い色のシミやアザも、ほくろと同じ理由でやけどの可能性があるので注意が必要です。

ケノンの脱毛の仕組みについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

合わせて読みたい
ケノンが脱毛できる仕組みって?効果的に脱毛するための4つの注意点もご紹介!

ケノンはなぜ脱毛できるの?脱毛できる仕組みを知りたい効果的に脱毛するにはどうすればいい? ケノンは自宅で気軽に脱毛ができる家庭用脱毛器です。 自分で簡単に脱毛できるところもケノンの人気の理由なのですが ...

続きを見る

ケノンの最新の情報は、こちらの公式サイトからご確認いただけます。

ケノンの公式サイト

やけどをしないための対策

ケノンをほくろに照射するのが良くないということはわかりましたが、ほくろの周囲を脱毛したいときはどうしたらいいのでしょうか。

ここではケノンでやけどをしないための方法を3つご紹介していきます。

やけどをしないための対策

  1. 白い丸シールを貼る
  2. サージカルテープやテーピングを貼る
  3. 絆創膏を貼る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①白い丸シールを貼る

一番簡単でおすすめなのが、「ほくろに白い丸シールを貼る」という方法です。

丸シールは100円ショップや文房具店などで販売されているので、ほくろの大きさに合った白い丸シールを選んでください。

小さめの丸シールならカットする手間が省けるので、ほくろの多い方でも楽に使えますよ。

照射する前にまとめて貼ると効率的です。

②サージカルテープやテーピングを貼る

ガーゼを貼るときに使うサージカルテープや、運動するときに使うテーピングなども、ほくろを隠すのに効果があります。

ほくろの大きさに合わせてカットする手間はありますが、元々お肌に貼るために作られている商品なのでフィット感があってはがれにくいです。

こちらは100円ショップやドラッグストアなどで販売しています。

③絆創膏を貼る

他には「ほくろに絆創膏を貼る」という方法もあります。

ただ、ひとつのほくろに絆創膏1枚では無駄が多く、絆創膏をカットして使うと真ん中の部分が使えなくなってしまうので、実はあまり効率的ではないです。

もし家に絆創膏しかなくて使わないといけないときは、肌の色と同じくらいか薄い色の絆創膏を選んでくださいね。

透明タイプの絆創膏はほくろが透けてしまうことがあるのでご注意ください。

ケノンの公式サイト

やけどをしてしまったときの対処方法

引用元:ケノンInstagram

もし間違ってほくろに照射してしまったときはどうしたらよいのでしょうか。

ここではケノンでやけどをしてしまったときの対処法をご紹介します。

やけどをしたときの対処法

  1. すぐに冷やす
  2. 痛みが続くなら皮膚科を受診

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①すぐに冷やす

熱湯や火などでやけどをしてしまったときと同じように、すぐに冷やして様子を見てください。

ケーキなどを購入したときにもらえるような小さめの保冷剤があると便利です。

②痛みが続くなら皮膚科を受診

しっかり冷やしても痛みが続いたり水疱などができてしまった場合は、皮膚科を受診しましょう。

場合によってはやけどの跡やシミが残ってしまうことがあるので、病院に行くことをおすすめします。

ケノンの公式サイト

まとめ

今回はケノンとほくろについて詳しくご紹介してきました。

光脱毛のケノンは黒い色素にダメージを与えるため、ほくろに照射するとやけどをしてしまうことがあります。

やけどを防ぐためには、脱毛を始める前にほくろに白いシールやサージカルテープなどを貼るのがおすすめです。

もしケノンでやけどをしてしまったらすぐに冷やして、痛みや腫れが続くようなら皮膚科を受診してくださいね。

ケノンの最新の情報はこちらの公式サイトからご確認いただけます。

ケノンの公式サイト

-その他

© 2021 ケノンタウン